メンズ

ニーズに合った商品展開

パソコンを操作する人

顧客の動向を分析する

顧客に対するビジネスの方法が変化しつつあります。顧客ニーズの多様化などの変化により顧客一人一人の求めることに対応することが大事なのです。企業側の一方的な展開でも商品を売ることはできないのです。顧客が何を考えて何を求めているのかを顧客管理でデータを収集して判断することが必要になるのです。顧客管理で収集したデータをどのように使用するのかにはポイントがあります。まず、一度離れてしまった顧客をもう一度顧客にするチャンスがあります。製品を使用することをやめる人よりも他社に移ってしまった人のほうが多いのです。そのため、他社のどこに魅力を感じているのかを分析するのかでもう一度顧客にすることが可能になるのです。顧客管理のデータベースを活用することでこれが可能になるのです。顧客ニーズの把握にもなります。競合他社が数多く存在する中でなぜ利用してもらっているのかを謙虚な姿勢で把握することが必要になります。いつ状況が変化するかわからない時代で今後も利用し続けてもらうには細かな顧客管理の分析が必要になるのです。新規顧客の獲得にも結び付きます。昔のように多くの新規を迎えることは難しくなっていますが、目減りする既存顧客の補てんは必要になります。そのためのサービスの変化を考慮しなければならないのです。宣伝広告の戦略にも役立ちます。数多くある広告戦略において無意味な広告はコストにしかなりません。これを回避するだけでも大きなコスト削減になります。