メンズ

管理の一元化

商談

全社最適化にもつながる

営業部門において案件管理と商談管理は非常に重要になります。営業にはそれぞれ目標が設定されています。それを達成できる指標にあるかどうかの目安になるためです。案件管理は顧客になりうる可能性のあるものを管理するものになります。そして商談管理は、実際に営業して活動中の物の管理になります。それぞれの確度は異なるものの、統一して管理しないと今後の戦略などの見通しが立てにくくなります。そのためできる限り一元管理することが望ましいのです。営業部門でシステム導入するのであれば、案件管理と商談管理の両方を管理することができるシステムを構築させることが大事なポイントになります。案件になりうる顧客のリストの抽出は営業が行う場合と、他の部署でマーケティングを行ったうえで営業に連携するケースがあります。後者の場合、案件管理になりうる顧客の連携をしやすくなることがシステム化のメリットになります。営業はこの案件管理システムに登場した顧客を中心に訪問するだけになるからです。もちろんその後は商談管理として管理することができます。さらに受注になった場合には、製造部門や販売部門にシステム上で連携することができるため、企業全体の最適化にもつながるのです。連携がシステムに一元化されると売上予測などの透明性が確保されることになります。経営に対しても見える化を実現させることができるようになり組織を風通し良くすることにもつながるのです。